死亡保険についてシェア!

大事なことなので、誰もが知っておきたい死亡保険についてお伝えします。(たまにま真面目な話もいいかと・・笑)池袋 保険相談をした時にいい話を聞いたので、いつも見てくださっている読者の皆さんにもシェアしたいと思いまして。。それでは早速!まず死亡保険とは、保険の加入者が死亡した場合や高度障害状態になってしまった場合に保険金が支払われる保険のことです。世帯主が事故や病気で死亡した場合や高度障害状態になり働くことが難しくなった場合、一家の収入が減り家計のバランスが崩れてしまいます。死亡保険は、保険加入者に万が一のことが起こった場合、保険加入者の家族の生活を保障してくれる保険なのです。死亡保険は、主に掛け捨て型と貯蓄型の二種類に分かれています。掛け捨て型は、加入者の年齢が若い内は保険料が安いですが、年齢が上がり保険の更新を続けると保険料は高くなるという特徴があります。掛け捨て型の保険は保険料が安く設定されていますが、保険期間が過ぎれば保障は受けられず、支払った金額は戻りません。
一方、貯蓄型は、保険料の金額は一定ですが、保険料は掛け捨て型よりも高めであるという特徴があります。貯蓄型は、保障分だけではなく貯蓄分の料金も支払うため保険料が高めに設定されていますが、途中解約した場合、貯蓄分の代金が返ってきます。しかし、途中解約により返還された金額が支払った保険料の総額よりも低くなってしまう可能性もあります。掛け捨て型、貯蓄型にはそれぞれメリット、デメリットがあります。家計の状況を考えながら、必要に合わせて選ぶことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です